資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > コーチングの仕事内容

コーチングの仕事内容を詳しく解説!

コーチングの仕事内容

ビジネスの現場では、社員ひとりひとりが自分の頭で考え、自分の意志で動くことが大切ですよね。
そうすることによって会社の目標達成に近づくというものです。
現在はビジネスというのは多様化し複雑化していますし、スピード社会ですよね。
それにひとりひとりが対応していかなくてはならないので大変です。
そこで、コーチングが必要というわけなんですね。
コーチングの仕事は、クライアントが何を考えているのかということに焦点をあてて、相手の気持ちになって考え、双方の目的達成のために何が弊害になっているのかを浮き彫りにしていくことです。
また、その目標を決定する仕事もあります。
それだけではなく、人間の中に必ずと言って良いほどある「承認欲求」を満たすべく、その人がそこにいるということを認め、その人が必要な存在であることを、相手の見えないところからアプローチをしてやる気を引き出すという仕事もあるんですね。
簡単にわかりやすく説明すると、部活のコーチの仕事と同じようなものです。
クライアントとの関係を円滑にすすめるために、社内の人間のやる気を引き出させるために、いろいろな人に話をききに行ってその話をまとめ、いざというときにその話を引き出して問題を解決、物事をスムーズに進ませるのがコーチングの仕事というわけなんですね。
コーチングの資格を徹底解説

スポンサードリンク