資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > デザイン系資格 > フラワーアレンジメントの資格について詳しく解説!

フラワーアレンジメントの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

フラワーアレンジメントとは?

日本には古来から生け花という文化があり、華道という名家にも代表されるように、華を陳列することにとどまらない、空間を演出する専門家として華道家が存在します。
最近の時代の流れもあり、求道的な華道といった厳格なしきたりのなかで追い求めるものとはまた異なった、一つの華を用いた様々な空間のトータルコーディネート、イベントの重要な要素としてフラワーアレンジメントという言葉は、「花を生ける」ことの芸術性とキャッチーさを現代風に演出した一つの言葉といえるでしょう。

フラワーアレンジメントの資格取得方法は?

フラワーアレンジメントの資格としてメジャー/有名なのは、日本ではDiplomaFloristAssociation(DFA)というフラワーアレンジャー専門の協会が開催している、DFAライセンスと呼ばれる資格試験です。
オランダの農水省によって認定された国家資格であり、DFA1、ADFA、MASTR3があります。
これらの試験に合格することで、教室がすぐに開けるほか、世界的にもしっかりと一フローリストとして認定されることとなります。

フラワーアレンジメントの資格試験はどんなもの?

DFAフローリストの資格は、生け花やプリザーブドを含むフラワーアレンジの経験が5年以上ある者、海外のディプロマを取得しているものなどを対象に行われる試験であり、出身校やスクールは問わないのが原則です。
内容は、ベースアレンジメント、テーブルデコレーション、ハンドタイドブーケ、ウォールデコレーション、オブジェデコレーション、ディッシュ/プレートアレンジメント、ブライダルブーケ、コサージュ、ヒューネラルデコレーションの9つのうち5つを選択して、制限時間250分以内に制作をする形となります。
ライセンス校であれば、2科目、3科目と2日に分けて試験が受けられますが、それ以外の場合は、試験日に5科目すべてを行う必要があります。
審査員は認定資格をもったオランダ人を含み、本国と同スタイルでの審査となります。
一つのコンセプトにつき10点満点であり、内訳としてテクニックとデザインがそれぞれ5点ずつを占めます。合計点6点以上が合格であり、それ以下は再試験となります。

スポンサードリンク

フラワーアレンジメントの資格試験の概要

試験受講に当たっての特定の要件はありませんが、完全に技術と感性がものをいう資格であることから、難易度は決して簡単とはいえません。
本当に花が好きで取得したい人のみ受講するため、当然ながら合格率は高いといえます。
しかし、年収的にはフローリストは、日本において地位がまだまだひくく、満足に稼げるものではないといえるでしょう。
技術と感性が中心となるため、必要な作法を除いて、勉強時間には差が出るため、一概には言えません。

フラワーアレンジメント資格を取得する費用は?

試験の費用としては、5科目分の花材費を含み73500円とかなり高額であることがあげられ、これが合格率の高さとなっています。
やはり、本当に花が好きで、正式な認定資格がほしい人が取得する資格といえるでしょう。独学でもいけますが、やはり基本作法などを知らないと難しいはずです。
ディプロマコースのレッスンは、スクールによってピンきりですが、10万単位の費用がかかることを考えると、かなり取得までに年月がかかり、また最終的に試験を受ける人が厳選されることがわかるでしょう。

フラワーアレンジメント資格に受かるための勉強法

DFA1の資格に合格するためには、まずは9つあるシチュエーションの内、どの課題を選択するのかをあらかじめ決め、それを元に正しい、その世界で決められたアレンジメント手法をはじめ、情報収集をしていくのが合理的でしょう。
もともと受講する人が少ないこともあり、収集が難航しますから、そのために単発のスクール講座に入って情報だけもらってくる、というのも効果的といえます。
また、インターネットで様々なスクールの情報を調べたり、DFAについて解説した本などを熟読し、基本を抑えつつ、技術を身に付けていく必要があります。

合格者の声

30代2011年合格
花屋を経営していますが、同時にフラワーギフトを制作、取り扱うことも多くなってきました。
ちゃんとした資格がほしいと思い、DFA1を受験。正直かなり高かったので、必ず1回で通ると決めて本気で望みました。
かなり情報がなくて難航しましたが、知り合いや近所の詳しい人の話なども店で聞け、大変ありがたく、おかげさまで合格できました。

20代2010年合格
フローリストを目指し、認定校で講座を取っていたので、始めの2コンセプトはスクールの講座内で合格を頂いていました。
残り3コンセプトでしたが、時間はたっぷりありましたし、日ごろから講師の方にしっかりと教えていただけたので、難なく合格できました。
私は大丈夫でしたが、やはりセンスがものをいうのだと、他の受験者を見て改めて痛感しました。

スポンサードリンク

フラワーアレンジメントの概要

難易度 優しい
合格率 70%
年収 300万円
勉強時間 300時間
試験日 年1回11月

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧