資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 土木建築系資格 > ボイラー技師の資格について詳しく解説!

ボイラー技師の資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

ボイラー技師とは?

ボイラー技師とは、建物に設置されているボイラーの取り扱い、修理、運用などを担当する専門の技術者のことです。
普段私達が建物内であたりまえのようにお湯が出るのも、給湯器が使えるのも、様々な商業施設で不自由なく活動できるのも、こうしたボイラー設備が整っているからこそです。
しかし、大型になればなるほど、その取り扱いには危険が伴いますし、とまったときの影響も大きいため、ある意味とても責任の大きい仕事といえるでしょう。

ボイラー技師の資格取得方法は?

ボイラー技師の資格を得るには、国家資格として存在するボイラー技師技能試験に合格することが求められます。
主に、ボイラー技師の資格は、2級、1級、特級が存在し、それぞれのボイラーの大きさに従って、等級は決まります。
特級、1級はそれぞれ上位資格と成り、特級を取得するためには1級が、1級を取得するためには2級の免許が取得できていないと受けられず、それぞれ級を取得してからの必要経験年数が存在します。
試験はすべて筆記となり、これに合格することで、晴れて免許取得となります。
2012年からボイラー技師2級を未経験者が受講するのに、ボイラー実技講習が必須と成りました。日程は3日間で、指定の労働基準協会により開催されるものに出席する必要があります。

ボイラー技師の資格試験はどんなもの?

ボイラー技師の資格試験は、主にすべて筆記試験となります。一般的な2級ボイラー技師においては、4つの種類にわかれ、ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取り扱いに関する知識、燃料および燃焼に関する知識、関係法令からそれぞれ10問ずつ、各100点で合計400点満点です。
各科目がそれぞれ40点以上、かつ全科目の平均が60点以上であることが、合格の一つの基準になるといわれています。特級の場合のみ、1チャプターがそれぞれ6問ずつとなりますが、チャプターの数や種類は共通しており、計400点であることは変わりありません。
難易度としては、学科だけであり、試験問題もそこまで量が多くなく、内容も対策をしていけば充分に合格が狙えるもののため、比較的易しいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

ボイラー技師の講習会の概要

内容からみても、試験の難易度は高くなく、易しいと言うことが出来るでしょう。
およそ受験者の約半数が合格しているという統計がある一方、やはり特級になるとそこまでの受験対象者が少ないこともあり、ぐっと合格率が下がるという背景があるようです。
2級や1級は年に数回行われていますから、国家資格といえど気軽に受験することが可能でしょう。年収は、一般的な額であり、あまり特筆して高いとは言いがたいかもしれません。

ボイラー技師資格を取得する費用は?

ボイラー技師の国家試験自体は、6800円と非常にリーズナブルな価格で受けられるのが特徴です。
問題集もある程度確立しているため、一冊かってみっちりとつめれば、かなりの得点が期待できるため、そこまで参考書代にも費用がかさむこともなくせいぜい1万前後でいけるかもしれません。
特に2級を始めて取得する未経験者は、ボイラー実技講習として、3日間で15000円かかりますが、総合的にみても他資格と比べ、さほど高いとは感じられません。

ボイラー技師資格に受かるための勉強法

講習が必要な方は、まずはしっかりと講習に出席して、実地での操作を覚えることから始まります。
ボイラーという特殊装置なだけに、なかなか本番以外で実機を扱うケースも少ないことがあり、貴重な機会を無駄にしないようにしましょう。
試験に関しては筆記ですから、参考書をくまなくといて、問題を覚えるくらいにまで仕上げておけば、問題なく合格することが出来るでしょう。

合格者の声

40代2008年合格
仕事がきられ、なんとか少しでも資格を取得する意味でもはじめたボイラー技師の試験勉強でしたが、内容は結構専門的でした。
水銀と水の2種類が還流しているものなど特殊なものもあり、新しいことを覚えるのが得意な人には良いでしょう。
試験に縁のない人生を送ってきたので、当日は緊張しましたが、普通に過去問題をやっていれば大丈夫だと思われます。20代2012年合格
ちょっと珍しい資格を取ってみようと思い、ボイラー技師の勉強を始めました。
女性ですが、特に強い力が必要というわけではなく、あくまで運用管理のノウハウを学ぶものなので、むしろ細かいことが得意な女性に、向いているかもしれません。
大きな音に抵抗のない人であれば良いかと思われます。試験は、過去門をひたすら覚えて仕上げ、すんなりと合格できました。講習の先生も優しく親切で、楽しかったですよ。

スポンサードリンク

ボイラー技師の概要

難易度 難しい
合格率 10~50%
年収 361万円
勉強時間 90時間
試験日 月1、2回

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧