資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 土木建築系資格 > クレーンの資格について詳しく解説

クレーンの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

クレーンとは?

建築現場などで、よく首の長いクレーン車、また鉄骨などを持ち上げるためのクレーン装置などを見かけることがあります。
非常に特殊な運転免許ですが、あれを操作する免許も実は資格によって定められています。移動式クレーンやデリックを除く、クレーンを操作するために必要な国家資格です。

クレーンの資格取得方法は?

クレーン・デリック運転士の資格は、全国の安全衛生技術センターにおいて行われる学科試験をクリアする必要があります。
また、実技試験として、都道府県の労働局長登録の教習期間において行われるものにパスする必要があります。対象受験者が18歳以上であれば、試験に合格することで晴れて免許取得となります。
かつてはクレーン運転士とでリック運転士は異なる資格でしたが、2006年をめどに両者が統合され、現在ではクレーン・デリック運転士として受講できます。
普通自動車免許のように、クレーンはもっとも基本技術だけで習得でき、デリックは追加の技術が必要となるため、クレーン限定といったもの、また取り扱う機種を床上に限定した床上運転式限定というもの、そしてこれらの限定解除の資格が存在します。

クレーンの資格試験はどんなもの?

クレーン・デリック運転士は、主に学科と実技の2つに分かれます。
学科試験では、クレーンに関する知識(30点)、原動機および電気に関する知識(20点)、クレーンの運転のために必要な力学に関する知識(30点)、関係法令(20点)といった4種について問われます。それぞれ10問ずつ出題されます。
実技試験では、クレーンの運転と、クレーン運転のための合図をチェックする試験が行われます。
各科目ごとの得点が40%以上であり、かつ全科目の平均が60%以上であれば合格となります。
ちなみに試験を受けるのに、実技講習と呼ばれるものを事前に受ける必要があります。
移動式クレーンの場合には、特別講習というものもあわせて受けなければならず、さらに手間がかかります。

スポンサードリンク

クレーン資格を取得する概要は?

資格というより免許ですから、運転免許に近いニュアンスが正しいといえます。
合格率が50-60%ときわめて高い試験であり、完全にちょっと受けてみようかという人が少なく、全員確実に「取得する気」で受験するものだとわかります。
試験的にはそこまで難しくありませんが、学科と実技を受けるための労力が非常にかかる上、運転免許のように1発で受かるということがなかなか難しいこともあり、難易度は中等度くらいといえそうです。
試験場により異なりますが、平均して毎月試験を行っており、コンスタントに合格者が出ていることも、合格率に影響しているでしょう。

クレーン資格を取得する費用は?

主に一発で合格することがなかなか困難なため、自動車のように教習を受けることとなります。
費用は、普通自動車免許を保持している人にとっては、10万から15万程度と言えるでしょう。
また小型技能講習を受けるのに、2-4万程度、特別教育には15000円必要となり、結局20万近くかかってくるのが常なようです。

クレーン資格に受かるための勉強法

電気や機械、力学など下地となる分野の素養があると楽ですが、まったくない場合は地道に一つずつ覚えていくこととなります。
何より、教習所にいったとしても、実技は何とかパスできるだけの能力が備わったとして、圧倒的に学科で落ちる割合が多いのが特徴ですから、心してかかりましょう。
一応過去問題はしっかりと用意されているものの、なかなか引っ掛けも多く、かつての自動車免許取得を連想させます。
教習所などでは、学科の指導も行っているため、しっかりと対策をすることが求められます。
また、今回は安全法令等なども出題されますから、特に法律関係がニガテな人は少し気合を入れ、過去門や参考書を元に勉強することを強くオススメします。

合格者の声

30代2008年合格
もともと電気関係の資格を持っており、独学でのぞみました。
なんといっても学科に苦しめられましたが、自分の専門分野があったため、いくらかは楽をすることが出来たように思います。
特に力学関連はリアルに数学的知識が要求されますから、対策が必要と考えます。20代2011年合格
工事現場で作業しており、とにかく資格がほしくて受験しました。受験には自動車学校での教習を利用しましたが、やはり自動車の免許を取るとき以上に大変なものでした。
大きいため、自分が予期した動きをせず、ぶつけてしまったりしがちなので、慎重さや骨を掴むのが早い人は得です。
学科もやる気があれば割と楽に覚えられるのではないかと思います。学科講義があり非常に役に立ちました。

スポンサードリンク

クレーンの概要

難易度 普通
合格率 60%
年収 463.万円
勉強時間 600時間
試験日 1ヶ月に1-2回

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧