資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 土木建築系資格 > 高圧ガスの資格について詳しく解説

高圧ガスの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

高圧ガスとは?

現在、日常の多くの現場で高圧ガス、液化石油ガスなどが使われています。
都市ガスをはじめプロパンガスなども高圧ガスに当たりますし、街でよく見かけるガソリンスタンドなど、石油燃料を扱うところも該当します。

高圧ガスの資格取得方法

高圧ガスの資格取得には、年1回実施開催される、主に高圧ガス製造保安責任者試験、高圧ガス販売主任者試験、液化石油ガス設計士の該当する試験に合格する必要があります。
国家試験ですから、多くの人が受験しますし、信頼度も高いものですが、特に甲種などの上位資格は持っている人口がかなり少なく、また試験も難易度が高いといえるでしょう。

高圧ガスの資格試験はどんなもの?

高圧ガスを、事故なく安全に運用するため、販売者と製造および管理者には国家資格として、サブカテゴリ12種の国家資格が存在します。
主なサブカテゴリは、
高圧ガス製造保安責任者試験として甲種科学、
乙種科学、
乙種機械、
丙種化学(液化石油ガス)、
丙種化学(特別試験科目)、
第一種冷凍機会、
第二種冷凍機械、
第三種冷凍機械、
また高圧ガス販売主任者試験として第一種販売、第二種販売、液化石油ガス設計士の全12個です。

主に販売者は、甲または乙種化学免状、第一種または第二種販売主任者免状が必要となります。
高圧ガスの移動に関しては、甲、乙または丙種化学免状のいずれかが必要となります。
特定高圧ガスの消費に関しても、甲、乙または丙種化学免状のいずれかが必要となります。

スポンサードリンク

高圧ガスの難易度を解説!

もともとが専門的な資格なだけに、なかなか難しいといわざるを得ません。
具体的には、まずインストールから管理まで一貫して経験できる環境で、満足にトレーニングがつめているか、ということがキーとなるでしょう。
もちろん、認定のための義務講習が存在しますが、正直4日間しかない講習ですべてを把握するのは、よほど素養がある人でないと厳しいのが現状です。
事前対策講座なども多くの企業で行われていることも多く、そうしたいわゆる「予備校」で勉強しつつ、できるだけ実機を触りながら正確に理解していく必要があります。
それだけに、高圧ガスの本社が認定する認定技術者というものは、やはりそれだけの価値があるものとなります。

高圧ガス資格を取得する費用は?

試験費用は甲種化学、甲種機械、第一種冷凍機械が13000円、乙種化学、乙種機械、第二種冷凍機械が9000円、丙種化学(液化石油ガス)、丙種化学(特別試験科目)、第三種冷凍機械が8400円、第一種販売が7600円、第二種販売が6000円、液化石油ガス設備士が意外と高く、20700円となります。
これプラス参考書代などを含め、多くの人は1万から3万の間が多いといえます。

高圧ガス資格の勉強方法

主に問題集、過去問題をひたすら解くのがもっとも合格への近道であるといえます。
試験は実技を除き、すべてマーク試験であり、問題の出し方、傾向を捉える対策が有効といえます。
高圧ガス保安協会が主催している試験ですから、素直に高圧ガス保安協会の出版物がかなり有効なようです。

合格者の声

20代2004年合格
危険物の甲種を取得しています。
当時はまだ過去問も少なく、自分と同じ分野の人しか受講する人が居なかったため、大変人数が少なかったのを覚えています。
現在はいくらか人数も増えたし、参考書もあるので、比較的勉強しやすいかも。30代2012年合格
液化石油ガス設計士を取得しました。仕事柄、LPガスを取り扱う業務についており、安全基準も非常に高いため、実技は問題なし。
しかし、私の場合座学が苦手なこともあって、やはり学科がネックとなりました。
一般的な化学の知識に加え、LPガスや石油液化燃料に特化した問題が出るため、特徴をしっかりと学習しないと厳しいです。

スポンサードリンク

高圧ガスの概要

難易度 難しい
合格率 60%
年収 万円
勉強時間 500時間
試験日 筆記11月10日、技能12月1日

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧