資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 飲食系資格 > バリスタの資格について詳しく解説!

バリスタの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

バリスタとは?

バールカウンターで、ノンアルコールの飲料を入れる専門の調理人を、バリスタと言います。バーでシェイカーを振るうバーテンダーのノンアルコール版といえるでしょう。
もともとはイタリアの発祥であり、特にコーヒーのスペシャリストとして名高いのが特徴です。イタリアでコーヒーとは主にエスプレッソを指すため、エスプレッソは基本中の基本でもあります。

バリスタの資格取得方法は?

バリスタの資格取得方法は、まずJBAという団体が主催するレベル1クラスを受講するところから始まります。
現在、バリスタとしてなんらかのコーヒー抽出経験を持っている人であれば誰でも受講することができますから、まずこの講習を終了させます。
講習の修了証をもって、バリスタ試験Level1の受験資格を得ることが出来ます。講習終了後1年以内にこのJBAバリスタLevel1テストを受講し、合格することで晴れて一人前の認定されたバリスタとして活躍することができます。
このテストを90点以上でクリアするか、取得後1年の経験を積んだものはLevel2の受講が、Level2を95点以上か取得後1年以上の経験でLevel3を受講できます。
またLevel3を取得後、インストラクター資格をうけることができるなど、さらに上を目指すことも出来ます。
Level1では基礎技術、Level2ではお客様に対してコーヒーを含む啓蒙、Level3では亢進の模範となる態度をもつものとされています。
インストラクターは中でも、品位を保ち自己研磨に励みつつ、後身の育成が出来るものとします。

バリスタの資格試験はどんなもの?

バリスタの資格試験は、主にLevel1、Level2、Level3、インストラクターによって内容が異なります。
Level1は、筆記試験50問と、エスプレッソ抽出ならびにカプチーノ製造の実技試験があります。
Level2は、筆記試験30問、テイスティング2種類、そしてエスプレッソ抽出、カフェマッキャート製造、デザインカプチーノ製造の実技試験があります。
Level3は、筆記試験30問、テイスティング5種類、そしてリストレットやルンゴを含むエスプレッソ抽出、デザインを含むカフェマッキャート抽出、デザインカプチーノ製造、ならびにカフェフレッドシェケラート製造の実技試験があります。
インストラクター試験の内容は、公式には明らかになっていません。
合格基準は明らかになっていませんが、試験と実技をあわせた総得点により判断され、後日郵送で結果が届き、合否が確定します。

スポンサードリンク

バリスタの資格試験の概要

人によって個人差が最もでやすいのは一つの特徴でしょう。
オーナーバリスタと鳴れば年収も店の繁盛によって大きく異なってきます。チェーン店であれば、200-300万程度であることも少なくありません。
.概して日々の実務が大きく関係してきますから、勉強時間が何時間と一概に言えないところが大きいでしょう。

バリスタ資格を取得する費用は?

バリスタの資格自体の受講費用は、
Level1が15750円、
Level2が21000円、
Level3が26250円
とそこそこの値段です。
しかし、これだけではなく、必要条件に経験が満たない場合。
とくに初級のバリスタLevel1を受講する場合、スクールでの講習が必須となるため、こちらの費用が倍近くかかるのも現状です。
スクールは、Level1が38850円、Level2が52500円、Level3が63000円とかなり高額です。
しかしその分、特に上級レベルのテイスティングなど普段指導が受けにくいものに対しても、適切な教育が受けられるため、受講する人も多いのが現状です。

バリスタ資格に受かるための勉強法

初級はとにかく基本知識を徹底的に叩き込み、普段の実務やスクールなどで正しい手技を覚えられるように努力する必要があるでしょう。
中級以降は筆記ももちろんのこと、態度や実技能力、テイスティング能力など感性的なものも点に入ってきます。
自ら適切な選別を訓練する場を効果的に設け、少ない場でも出来るだけ多くのことを吸収できるように努力しましょう。
また、実技面で充実しない場合は、やはり少々高くてもスクールを活用し、適切なトレーニングを受けることは非常に大切です。

合格者の声

20代2009年合格
アルバイトで大手チェーンで働き始め、かなりコーヒーとソフトドリンクの抽出、提供にはまったのがきっかけで、資格を受験しました。
スクールは高かったですが、正しい知識を理論的に教えてもらえて、すごく有意義でした。普通に勉強していけば、興味がある人なら筆記は受かるはずです。
コーヒー専門店でなくても、基本技術であれば詳しい人が多いのも事実ですから、周りから情報収集して技術を習得することができました。30代2011年合格
小さなコーヒー専門店を営んでおり、独学のみならず、しっかりと部下に技術を伝えられるよう、Level3を受験。知識面、テイスティングなど、娯楽でなく職業としてやっていることもあり、特に苦労はありませんでした。
しかし、技術面などは、日ごろ面と向かって注意されないこともあり、(自分が一番上ですから)自分なりの癖などが多少ついていたみたいで、指摘されたものの、なんとか合格できました。

スポンサードリンク

バリスタの概要

難易度 普通
合格率 非公開%
年収 400万円
勉強時間 600時間
試験日 協会で確認

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧