資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 飲食系資格 > ソムリエの資格について詳しく解説!

ソムリエの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

ソムリエとは?

レストランやバーなどで、ワインを専門にお客様の元に運び、そして提供する専門の給仕人のことをソムリエと呼びます。
一般にソムリエは男性に使われる言葉で、女性はソムリエールと呼ばれています。
単にいわれたものを給仕するだけでなく、食材や料理ごとに適したワインの選定や管理なども仕事に含まれ、世界各国のワインを熟知し、そして実際に試飲して味を知っており、それを適切に料理と組み合わせる、非常に繊細な感覚と能力が必要となります。

ソムリエの資格取得方法は?

ソムリエ資格は、3段階に分かれます。
一般のソムリエ試験は、ワインやアルコールを扱う飲食業に5年以上勤めていることで受験資格が得られます。
シニアソムリエ試験は、一般のソムリエ試験の上位資格として存在し、ソムリエ試験に合格してから3年以上経験を積み、計10年以上の経験が必要となります。
マスターソムリエ試験は、ソムリエ試験の中でも最上位の資格となります。
この資格に関しては、シニアソムリエ試験認定者の中から推薦で選ばれて称号を手にするといった形です。
試験に合格し、協会から認定を受けることで晴れて資格として名乗ることが出来ます。

ソムリエの資格試験はどんなもの?

ソムリエ認定試験は、1次試験と2次試験に分かれます。
1次試験は筆記試験であり、選択問題が80問程度出題され、100点満点中70点で合格と言われています。
2次試験は15問の口頭諮問とデギュスタシオン、デカンタージュの技術チェックがあります。
デギュスタシオンとは、料理にマッチしたワインを選定する能力の試験、そしてデカンタージュは、ワインを一旦デカンタと呼ばれる容器に移し、空気と混和させることによって古いワインのおりを取り除き、若いワインの風味を開花させるサーブ技術を指します。
いずれも、この2次試験が大変難しく、またセンスと感性、知識が要求されるといっても過言ではないため、難度は割と高いといえますが、仕事という枠を超え、職人として、ライフワークとしてかなりの情熱を注いでいる方が多く、合格率は40%と、難易度に対しては比較的高いものということができるでしょう。

スポンサードリンク

ソムリエの資格試験の概要

試験は全国主要都市で同時刻に一斉に行われます。
勉強時間は、学科なども知識問題となるため、ある程度の期間を見た方が良いでしょう。
試験に受かり、レストランで就職が決まったとしても、長い経験を積む作業が必要となります。
初めのうちはなかなか給料も上がらず、決して高いとはいえないでしょう。コンテストで有名になり、公演などの依頼が入ると、比較的年収が上がる傾向にあるようです。

ソムリエ資格を取得する費用は?

ソムリエ試験の受験料自体は一律24500円と、比較的高額といえます。
ただ、やはり能力やセンスがものをいう資格であることも確かで、受験者は猛特訓するのに加えて、少なからず対策講座といったものに参加する傾向があります。
ピンきりですが、やはり専門性が極めて高い資格であり、座学だけでは困難な内容でもあるため、おおむね数10万ほどかかることも少なくありません。
こればかりは、個人差が出ると共に、費用がかなりかかるということがいえます。

ソムリエ資格に受かるための勉強法

専門用語を用語集や教本で調べつつ、ワイン受験講座などの有名な参考書で良問をなるべく多くといていくことが大切と考えられます。
また、インターネット上でワイン受験のための有名なサイトなどが存在しますので、こうした無料のリソースを出来るだけかつようすることも大切です。
学科に関しては、ある程度これで対応できます。
二次試験はできるだけブラインドでテイスティングを磨ける環境を作り出せるか、がポイントとなってきます。
コメントの書き方やポイントが結構特殊なので、インターネットや経験者の情報、またスクール等の情報を参考にして勉強していきましょう。

合格者の声

30代2007年合格
かつてから念願であったソムリエ試験に合格することが出来ました。
小さなレストランで採用されていますが、オーナーの御好意もあり、じっくりと研究を積むことができ非常に助かりました。
学科は詰め込みで何とかなりますが、2時に関しては一度飲んでみないと絶対に分からないので、環境がものをいうと思います。 

20代2011年合格
すでにレストランで経験を積んでいたため、基本的な知識があったので比較的容易に合格することが出来ました。
諸先輩方にコメントの仕方など、個別にアドバイスがもらえ、非常に試験に役立ちました。その業界のルール、やり方を覚える必要性があると感じます。

スポンサードリンク

ソムリエの概要

難易度 普通
合格率 40%
年収 400万円
勉強時間 300時間
試験日 8月19日

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧