資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 士業系資格 > 中小企業診断士について詳しく解説!

中小企業診断士の資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

中小企業診断士とは?

大手の企業にとって、ビジネスプランを策定するのは、社長をはじめ多くの上層部の重要な仕事の一つということができます。こうした企業には、さまざまなブレーンと呼ばれる人々が付き、相談役などをし、ぬかりなく堅実に企業経営をすすめる手助けをしています。しかし、こと中小規模の企業となると、そうした有能な人材やコネを大企業ほど満足に雇う余裕のない会社もたくさんあります。こうした企業を対象に、民間で経営の相談にのり、ビジネスプランを策定したりといったコンサルタントの役割をはたすのが中小企業診断士です。

中小企業診断士の資格取得方法は?

中小企業診断士の資格を取得するためには、経済産業省大臣が認定する一般社団法人中小企業診断協会主催の中小診断士試験に合格することが必須となります。
試験は一次試験と二次試験があり、当然一次試験に合格しないと二次試験を受けることが出来ません。一次合格の執行猶予は一年間ですから、去年の一次合格者まで、今年の二次試験を受けられることになります。
 試験地は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の主要七都市で開催され、後日自宅に届く試験結果によって、晴れて合格となれば、中小企業診断士をなのることが出来るようになります。

中小企業診断士の資格試験はどんなもの?

中小企業診断士の国家試験は、前述したとおり一次試験と二次試験、いずれも筆記試験で行われます。
一次試験は、主に中小企業のコンサルトに必要な基礎知識として、経済学や対策、財務会計、企業経営、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営や制作といったオーソドックスな問題が出題されます。2日間に分けて出題され、それぞれ、初日300分、2日目210分の耐久レース、総得点700点満点の試験となります。総得点60%以上、各科目が40%以上で一次合格となり、二次試験に進めます。
二次試験は実際の実例を踏まえた問題が出題され、休憩を挟んで80分×4セット、計320分のテスト400点分を、一日で行います。一次試験と同じく総得点60%以上、各科目が40%以上を取得したものが、やっと最後の口述試験へと進むことが出来ます。
口述試験の詳しい審査基準は明らかにされていませんが、全体で60%を得たものが晴れて合格となります。
とにかく度重なる筆記試験と口述試験があり、かなり難易度が高いといえます。

中小企業診断士の難易度を解説!

やはり、試験が何重にもあり筆記試験であること、また科目自体もかなり多く、非常に手間がかかることから、難易度はとても高いことが挙げられます。その上、経済や法務など毎年政策によって微妙に変化する内容もあるため、できるだけ1発で決めることが秘訣撫養ですが、それが何よりも険しき道といえるでしょう。
長期戦ということもあり、受験者はこうした経済や経営に特化したものが受けますから、合格率は20%とそこそこを保っています。就職後の年収が安定していることもあり、非常に有用な人材として活躍できるでしょう。
年収は資格の割りにはかなり高いということが出来るでしょう。
平均年収ですから、これよりももらっている人もかなりいるため、金銭や数字に抵抗がなければ美味しい資格と言うことが出来そうです。

スポンサードリンク

中小企業診断士資格を取得する費用は?

試験自体は一次試験で13000円、2次試験で17200円と、いちいちコストがかかるのが特徴です。
その上、2次合格後に、実務補修という名の講習を受けることがほぼ決まっており、なんといってもこれにお金がかかります。
計15日間のOJTで123000円とかなり高額といえるでしょう。
試験自体は一次試験で13000円、2次試験で17200円と、いちいちコストがかかるのが特徴です。その上、2次合格後に、実務補修という名の講習を受けることがほぼ決まっており、なんといってもこれにお金がかかります。計15日間のOJTで123000円とかなり高額といえるでしょう。

中小企業診断士資格に受かるための勉強法

とにかく幅広いため、まずはビジネス実務法務や日商簿記など、ちいさな区分でかぶっている資格を念頭にそれぞれ勉強していくのが有効でしょう。
なるべく一度出てきたものはその場で覚えるようにし、とにかくどんどん覚えていかないと間に合いません。
 試験科目に明るくないバックグラウンドの方は、資格専門学校に行くのがはるかに合理的です。膨大な量の中、的確にポイントを掴むための費用は惜しんではいけません。
そしてとにかく、過去門をとき傾向を掴むことが大切です。問題の出方一つで、知っていても答えられないなんていうことはごまんとあります。2次対策としては、日ごろからニュースなどで企業経営面をサーチし、それぞれに対してしっかりと意見が言え、また規定文字数で答案が作成できるようにするとよいかもしれません。

合格者の声

2011年 30代
かねてから会計士として資格を持っていましたが、企業経営の相談も多く受けていたため、思い切って中小企業診断士を受けてみました。
会計士として実務で使っている範囲をもってしても、はるかに範囲が広いので、正直自己学習はぎりぎりだったといえます。
企業の内情などを把握しているため、ぴんと来る部分が多くて助かりました。初めての人は、資格塾をつかわないとまず無理だと思います。

2009年 40代
経営コンサルタントとしてキャリアを積んできましたが、より具体的な資格があると便利であるため、本資格を受験しました。
まさにジャストのフィールドを生業としていることもあり、対策は万全でしたが、2次試験や口答試験でかなりシビアなつっこみをうけたりと、一筋縄ではいかない場面を幾度か垣間見ました。
特に筆記は出題者の意図が今ひとつ不明なものもあり、かなり悩みましたが、なんとか合格をいただきました。

スポンサードリンク

中小企業診断士の概要

難易度 難しい
合格率 20%
年収 500(推定)万円
勉強時間 800時間
試験日 8月

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧