資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 士業系資格 > 社労士の資格について詳しく解説!

社労士の資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

社労士(社会保険労務士)とは?

社労士(社会保険労務士)とは、正式には社会保険労務士という名称の専門職です。
労務士と呼ばれることもあります。企業を経営、運営していく上で、労働者に関する権利や社会保険等の福利厚生などの問題は記っても切り離せないものとなります。
こうした日常における社会保険や労務においての相談や教育、専門文書作成を行うと共に、問題が起きたときに権利運営に関する専門家として活躍する、企業が成り立つために重要な存在といえるでしょう。
非常に大きな組織の根幹にかかわることが多く、その身分も重要なポジションを占めるため、身分証明書として徽章、協会の会員証などを携帯することが多い職業でもあります。
弁護士や公認会計士などと同様、単独で事務所を持つことが可能であり、裁判や法律方面に特化した弁護士とすみわけをし、一般的な手続きの代行としての需要があるといえるでしょう。

社労士(社会保険労務士)の資格取得方法は?

社労士(社会保険労務士)の資格を取得するためには、上位資格である司法試験に合格した弁護士としての資格を有していたり、すべての試験科目が免除される対象になる特例を満たすものを除き、一般的には社会保険労務士試験と呼ばれる国家試験を受験し、合格することが求められます。
その他の受験資格は、大学院や大学、専門学校、短期大学、高等専門学校を卒業しているか、行政書士や司法書士などといった他の資格を有している者、また社会保険労務士法人と呼ばれる、労働社会保険法にもとずいて設立された法人での実務が3年以上に及ぶもの、とされています。

社労士(社会保険労務士)の資格試験はどんなもの?

社労士(社会保険労務士)の資格試験は、労働法令、社会保障法令、またその他労働組合や職業安定、雇用機会均等を含む一般常識と社会保険に関する一般常識を含みます。
労働法令は、主に労働基準法、労働安全衛生法、雇用保険法、労働保険料徴収法といった、労働環境にかかわる法令、社会保障法令に関しては、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金保険法といった、主に年金と健康保険に特化した法令内容となっています。
社労士の勉強方法についてはこちらを参照ください
社労士の勉強法(勉強時間、仕方、順番、スケジュール)について解説!

試験は午前試験と午後試験に分けられ、午前で5肢選択が70問、午後で選択式穴埋めが40問の計110問であり、全問マークシートでの回答となります。
合格には、午前試験は各科目につき設問が10問ずつに分かれているが、それぞれのチャプターで4問以上正解することが求められており、年度によって合格ラインが変わるのも特徴です。
一般的には45点から後半がボーダーとなります。
午後試験では各科目につき5問ずつ8セットありますが、それぞれのセットで3問以上正解し、かつ合計点が48点以上でなければいけない規定があります。
文章自体も難解な法令に付随した長文問題であり、単純にマークシートであるからといって、決して運で受かるものとは違うため、かなりの難易度が予想されます。

スポンサードリンク

社労士(社会保険労務士)の概要

会社の制度や労働者の損益問題に直にかかわってくることもあり、非常に責任の重い仕事といえます。それだけに、扱う試験内容自体が法令主体の難しいものであるため、合格率が10%から15%前後と高くないのが特徴です。
年1回開催されますが、それまでの勉強時間もそれ相当に必要であるということができます。
やはり責任の比重的にも年収は1000万近く、高い傾向にあります。

社労士(社会保険労務士)資格を取得する費用は?

社労士の試験、社会保険労務士の国家試験自体は、受験料が9000円とそこまで高いわけではありません。
しかし、やはりネックとなるのはその膨大な範囲をカバーするための参考書やテキスト代などに多くの費用がかかるということです。
社会保険労務法人などでは、社員に労務士を取得させるため、トレーナーを10人指導につき2万前後で雇うところもあるほど、なかなかの対策が必要になるものですから、独学での勉強となると、やはり5-6前後の出費がかかるといっても過言ではないでしょう。
資格学校に入っても、3万から5万近くかかります。

社労士(社会保険労務士)資格に受かるための勉強法

基本は過去問題をくまなくチェックして傾向をみつつ、着実に知識を詰めていくことですが、法関連でネックとなるのは、法改正があることです。
ニュースをつぶさにチェックしていても法人向けに特化した内容であったりすると、なかなかニュースでもすべては掴みきれず、かなり独学は困難といえるでしょう。
オススメなのは、大まかに基本知識を自分で詰めつつ、資格塾などの講座を短期間受講して、情報収集と最新の法改正の知識などを把握し、対応することです。
やはり資格塾はお金がかかりますが、社労士は一度取得すると一生使えるありがたい資格ですから、現在に数万円の投資をして合格できるならムダではないでしょう。

合格者の声

30代2012年合格
もともと独立思考が強く、何か専門的な職で食っていけたらと考えていました。労務関連の法人で仕事をしていたこともあり、社労士を今回取得。扱いなれた分野とはいえ、しっかり細部まで覚えようとすると、なかなか骨でした。派遣法改正の影響もあり、いろいろと状況が昔とかわっているので、今までのテキストが通用しない部分も多く、これから受ける方は心してかかられることをオススメします。
40代1997年合格
以前から行政書士として仕事をしていましたが、友人の会社の経営にかむことに成り、かねてから興味もあったため労務士を取得しました。
保険や年金関係はかなり運用が難しいですが、基本構造は割と固まっているので覚えやすいかもしれませんね。
問題は、政権ごとにちょくちょく変わる行政制度と、それに伴って変わる就労関連がかなりややこしいです。
知り合いの労務士に現状を聞いたりして対処していました。

スポンサードリンク

社労士の概要

難易度 難しい
合格率 10%
年収 850(推定)万円
勉強時間 1500時間
試験日 年一回、8月の第4日曜日

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧