資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > IT・PC系資格 > phpの資格について詳しく解説!

phpの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

phpの資格(PHP技術者認定試験)とは?

PHP技術者認定試験とはかつてはサーバープログラムであるPerlやIISなどが主流でしたが、ブロードバンド化、そしてフラッシュなどの技術の代用により、そのWebコンテンツの構造も大きく変化しています。
PHPはHTMLとサーバープログラムの中間的な役割を果たすと共に、非常にシンプルで判りやすい構造をしており、PerlやIISといったサーバープログラムと比べ極めて軽快に動くことでも有名です。
こうした需要から、メインフレームをPHPで記述する部分の割合が高まっていることも多く、PHPの設計に特化した認定試験としてこの資格が発足しています。
年間の受験者数が1000人を超えるなど、人気は上々であり、具体的な能力の証明としてかなり重宝されています。

PHP技術者認定試験の資格取得方法

PHP技術者認定試験を受験するには、事前資格はとくに必要ありません。
段階的となっており、初級、上級、ウィザードという3段階の階級があります。
それぞれ上位資格と鳴っているため、上級は初級保持後、ウィザードは上級保持後でないと取得できないため、すべてを受験する必要があります。
試験は、TOEFLやCISCO系のコンピューター試験でおなじみのPROMETRIC社試験センターで実施されます。
その場で点数が集計されて表示されるのも特徴ですが、受験費用が大抵15000円からのため、割と一筋縄にいかない資格が多いのも特徴です。

PHP技術者認定試験はどのようなもの?

初級試験は、設問が40問、時間が1時間の選択問題です。
範囲としては、PHPの基礎となる構造や操作にかかわるものがほとんどです。
初めてのPHPを主教材として、1章から14章までの内容が出題されます。
出題範囲もそこまで広いわけではないですし、選択式ですからかなり受かりやすいでしょう。
全体の70%憂い錠を取得することで合格となります。
上級試験は、設問が60問、時間が2時間と倍になっています。
PHPのオブジェクト志向に始まり、具体的な関数など少し突っ込んだ内容が出題されます。
プログラミングPHPという一つ進んだ教材を主教材として出題されます。
合格率によってそれぞれのランクが決まっており、30%未満でSophomore、30-50%でJunior、50-70%でSenior、70-90%でExpert、90-100%でHonor Expertというレベルとなり、履歴書に書くことが出来ます。
2013年の5月からは、ウィザード級という試験が公開されました。
試験は、セキュリティ、パフォーマンス、フレームワーク、インターナルの4つに別れ、それぞれのカテゴリで3人まで選出される狭き門。
認定方法は、1500字以上の論文、あるいはコードを提出するもので、これはWeb公開され、来訪者が投票にてウィザードを決定する仕組みです。
比較的、欧米のアカデミック思考が強いといえるでしょう。

スポンサードリンク

phpの難易度

初級としてはそこまで高くなく、合格率も70%といわばがんばれば誰でも取れる範囲ですが、上級試験としては、10%とかなり難関であるといえます。
しかし、たとえ点数が低くとも、称号がもらえるため、難易度判定を少し下げています。
業務の一環として使用するには、実技がものをいいますからあまり関係ないかもしれませんが、上級、ウィザード級はかなりのアピールになるでしょう。

phpを取得する費用は?

初級試験が12000円、上級試験が15000円、と試験料自体はそこまで高くないのが実情。
CISCOやTOEFLなど、一般的な少しむずかし目の試験と同じくらいのコストと考えていただくとわかりやすいかもしれません。
その他、参考書やテキストで5000円前後取られますが、たいした出費とはいいがたく、比較的受けるための敷居は低いといえるでしょう。

PHP技術者認定資格試験に受かるための勉強方法

特にプログラミングの初心者などは、まず何かを具体的に作ってみるところから始めると、非常に理解が進みます。
熟練者は、普段やっていることを、テキストで難しい言葉を使って解説しているに過ぎませんから、タームをしっかりと覚え、テスト独自の表現などに惑わされないようにしていきましょう。
また人気によって、少しずつ参考書なども出回り始めています。
積極的に活用していきましょう。

phpを取得した人の声

20代 2013年 初級取得
就職の一環として、興味のあったWebプログラミングの資格として有用なものをとろうと思い立ち、この資格を取得しました。
とにかく、覚えることが大量ですが、構造などの骨を掴んでしまえばあっさり理解でき、またテストもクリアすることが出来ます。
本試験で実際にコーディングするわけではないので、知識ベースといえるでしょう。

30代 2013年上級取得
HTML初期からWebサイト作成をしていたこともあり、興味本位で受験。
普段使っている知識をそのままテストに応用する事ができ、そこまでひねった問題はありませんでした。
ただ、普段使わない機能、つっこんだ機能などもまれに出てくるため、改めて勉強になります。
Expertを取得できましたが、多分普段から割りなれていない人には、出題範囲が広く、合理的に答えを導くのが難しいテストといえるでしょう。

スポンサードリンク

phpの概要

難易度 普通
合格率 10~70%
年収 500万円
勉強時間 100時間
試験日 随時

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧