資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > IT・PC系資格 > セキュリティの資格について詳しく解説!

セキュリティの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

セキュリティの資格とは?

IT化が進み、様々な業務がサーバーやワークステーションといった大型コンピュータによって管理される時代となりました。
こうした大型コンピュータと気っても切り離せないのが、LANやWANといったネットワーク構築です。
ルーターやインテリジェントスイッチといった、高機能なネットワーク配線装置が個別で登場しているお陰で、CISCOという名前は、名実共にネットワークのスペシャリストの代名詞として存在します。
その中でもネットワークセキュリティの専門家として、様々なセキュリティレベルを踏まえたネットワーキングが出来る、そんな人材の認定として、CCSP/CISSPが登場しました。

セキュリティの資格取得方法

CCSP/CISSPの資格を取得するには、まず大前提としてルーターやスイッチを使ったネットワーク構築の基礎中の基礎CCNAの資格を取得することが第一条件です。
この資格により。シスコ製品を使用して、小~中規模のネットワーク構築を一人で行える、と認定された上で、以下の5つの技術に対しての試験にパスのが条件です。
5つとは、ルーターセキュリティ(SECUR)、ファイアウォール(CSPFA)、VPN(CSVPN)、侵入見地システム(CSIDS)、SAFEブループリント(CSI)となります。
それぞれに一つずつテストがあり、それをすべてクリアする必要があります。

セキュリティ資格の難易度は全体的にどのようなもの?

CISCOのネットワーク資格は、ネットワーク界のなかでも王道とよべる代物です。
現在、ネットワークの基礎の段階としてCCNAという資格名があがりましたが、この資格は全部で3段階あり、CCNAは初級、中級にCCNPという資格があります。
CCSPは、階級でいくとこのCCNPと同等の中級資格ということになります。
とはいうものの上位資格であるCCIEというものは、日本でも数えるほどしか合格者がいないほど貴重な存在ですから、実質スペシャリストとして広く汎用性があるのは中級レベルの資格がオーソドックスといえるでしょう。
CCSPはその中でもとりわけネットワークセキュリティに特化した確固たるITスペシャリストとしての認定力を備えているといえるでしょう。
前提としてCCNAを取得していることが大きいでしょう。これにより、難易度はグッと高くなります。CCNA自体でも落ちる人はあっさり落ちるものですから、しっかりとした学習が必要となります。
ネットワークの基礎を叩き込み、また5教科すべてをさらうには一朝一夕ではできません。
テスト問題も、一つ一つがCCNAと同等あるいはそれ以上の難易度と専門性をもちますから、心して勉強に取り組む必要があります。
年収も500万前後からとわりと高額な専門職として道が用意されています。

スポンサードリンク

セキュリティの難易度

初級としてはそこまで高くなく、合格率も70%といわばがんばれば誰でも取れる範囲ですが、上級試験としては、10%とかなり難関であるといえます。
しかし、たとえ点数が低くとも、称号がもらえるため、難易度判定を少し下げています。
業務の一環として使用するには、実技がものをいいますからあまり関係ないかもしれませんが、上級、ウィザード級はかなりのアピールになるでしょう。

セキュリティ資格試験に受かるための勉強方法

なんといっても基本はCCNAです。
一度基本に立ち返り、まずはルーターおよびスイッチの基礎を正しく復習しましょう。
5つある専門領域のテストも、このテストにプラスアルファされるものです。
基本が判っていると、案外応用がすんなりといきますから、侮らず立ち返りましょう。
その上で、バイブルとも呼べるCISCOが出版している資格用の専門テキストがありますから、これを元に着実に各領域の知識を習得していきましょう。
できることなら、安いスイッチやルーターを購入し、実際にiOSのセットアップや実機でのネットワーキングテストが出来ることが望ましいです。

セキュリティを取得した人の声

20代 2012年合格
おかげさまで、なんとか合格できました。
もともとCCNPを取得していたので、テストの勝手はわかっていたのですが、改めてセキュリティ分野の奥深さを見た気がします。
基本的なルーターやスイッチの設定はもちろんマスターしていますが、セキュリティ専用監視装置などは非常に効果で出回っておらず、独学だと実機を触る機会がほとんど得られないのが実情です。
今回は知り合いに頼むことができましたが、これは学習の上で大きな課題でしょう。

20代 2011年合格
近年話題のネットワークセキュリティ部門のスペシャリストを目指すべく、CCNA securityから続けて、CCSPを取得しました。
会社にラボがあり、そこで手厚い教育が受けられましたが、やはりそれをもってしても5つすべてを1発で取得するのは至難の業です。
必ず苦手なあたりが出てきますから、くじけずゆっくりと覚えていきましょう。

スポンサードリンク

セキュリティの概要

難易度 難しい
合格率 30-50%
年収 500万円
勉強時間 1000時間
試験日 随時

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧