資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > IT・PC系資格 > vmwareの資格について詳しく解説!

vmwareの資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

vmwareとは?

vmwareとは、複数のOSを同時に動かすことが出来る仮想マシンです。
普段我々はPCを使うとき、必ずOSという基礎となるソフトウェアを使用しています。
有名なところで行くと、WindowsやLinuxといった、よく耳にするものがそうです。
一般的には、こうしたOSはPC上単独で使用します。しかし、サーバーと呼ばれる、たとえばそれぞれの企業が持つ、中核のコンピューターなどは、一度に大量の処理をしなければならず、また万が一一つに障害が起きても、問題なく動くよう、こうした複数同時にOSが立ち上がるシステム、いわゆるCloudとよばれるシステム構造をしています。
そして、それを実現するため中核技術の一つがvmwareというわけです。
具体的には、一つ基礎となるWindowsサーバなりLinuxサーバなりを用意し、その上にOSを複数配置するための枠組み、すなわちvmwareを入れます。
これによって、vmware上に複数のOSを入れ管理することで、安全なシステムを作ることが出来るというわけです。
しかし、複数のOSに影響が出て、仕組みも複雑なvmwareを運用するためには、付け焼刃でかじった知識の人に任せるのは、企業側もちょっと勇気のいることです。
そのために、vmware運用のための様々な資格が存在し、この資格によってある程度の技術者の質を確保している、というのが現実のところです。

vmwareの資格試験はどのようなもの?

Vmwareの資格は、個人で受けるものというよりは、会社で運用をしていて、会社にとって暮れといわれるケースのほうが多いでしょう。Vmware自体が行っている、正式な技術者向けの認定であるVCP(vmwarecertifiedprofessional)が存在します。
主な内容として、vmwareの基本的なインストール、アップグレード、ネットワークやストレージの設定/管理、vSphereというサーバーパッケージ、仮想マシンやvAppの展開、アラーム設定や監視/運用と、ソフトウェアの運用として必要な工程を一通り問われます。
TOEFLや他のCCNAなどテストを受講された方は御存知かもしれませんが、VCPも同様にテストセンターで予約をしてテストを受けます。
日本国内ではPearsonVUEという団体が365日主催をしていますから、好きな日を選んで受講します。
問題は全部で85問出題され、すべて選択式のコンピューターベースでのテストです。
500点中300点が合格ラインとされています。
しかし、VCPは、テストセンターに申し込む前に、vmware認定の団体が主催する有料講習を受講することが条件となっているため、まずそちらを受ける必要があります。前提条件は以下で確認することができます。

vmwareの難易度を解説!

もともとが専門的な資格なだけに、なかなか難しいといわざるを得ません。
具体的には、まずインストールから管理まで一貫して経験できる環境で、満足にトレーニングがつめているか、ということがキーとなるでしょう。
もちろん、認定のための義務講習が存在しますが、正直4日間しかない講習ですべてを把握するのは、よほど素養がある人でないと厳しいのが現状です。
事前対策講座なども多くの企業で行われていることも多く、そうしたいわゆる「予備校」で勉強しつつ、できるだけ実機を触りながら正確に理解していく必要があります。
それだけに、vmwareの本社が認定する認定技術者というものは、やはりそれだけの価値があるものとなります。

スポンサードリンク

vmwareのパートナー資格VSPとVTSPについて

Vmwareの資格といっても、なにも保守運用のエンジニア認定だけではありません。
Vmwareを普及させるため、重要な役割をもっている職種に、セールスエンジニア、営業職の方がいらっしゃいます。
しかし、扱う商品がやはり手にとってみてみることのできない、ソフトウェアであるため、そこにはしっかりとした知識での説明、特徴を生かした売込みが必要となってきます。
IT業界では特に、通常の営業職がパッケージの全体像や商品的な魅力、導入の会社経営などのメリット部分を語り、同行するプリセールスと呼ばれる技術営業が、製品の詳しい詳細と、質問に答えていく形をとるのが一般的です。
それぞれの職種に特化した内容を提供すべく、営業向けのVmwaresalesprofessional(VSP)、そしてプリセールス向けのVmwaretechnicalsalesprofessional(VTSP)が存在します。
これらの資格は少し特殊で、vmwareはいわば商品を「売っていただく」相手に対しての研修ですから、パートナー契約を結んだ企業のものしか受講できないようになっており、その専門性も極めて高いものとなっています。

vmware資格を取得する費用は?

主にvmwareの資格を取得するには、事前講習が必要であると上述しました。
PearsonVUEと事前講習あわせて30万前後というのが相場です。
その90%はほとんど事前講習代ということを考えると、いかにラボでの実機講習が貴重かということが分かるでしょう。
大抵は、会社から取得よう言われたりということが多いため、費用を会社が負担することが多いと考えられます。

vmware資格の勉強方法

基本的にはVmwareが出しているVmwarevSphere5というVCP教科書で勉強をしていくこととなります。
この参考書をくまなく読み、構造と論理、つながり、操作などをしっかりと頭に叩き込むことが重要です。
次にラボでの実機操作が鍵となります。講師もついていますが、できるだけ事前学習を怠らず、可能な限り有効活用しましょう。
教科書でどれだけ流れが分かっていても、一度も触ったことのないシステムを保守するのはどんな技術者であっても不可能です。
知識はあるけど動かし方がわからない、という初歩的なことのないよう、しっかりと抑えましょう。
また、対策講習もお金に余裕があるなら参加しましょう。大抵この講習では難しい部分にポイントを絞って教えてもらえたり、解りやすい説明がお粉われ、短時間での理解を促します。
特にvmwareの細かい構造や、実際のシステムを組み上げていくことを常に想像しながら学習を進めることを強くオススメします。
vMotionやvSphereの動き、ロールなどは多く出題される傾向があるようです。

合格者の声

20代2013年合格
上司からとるように言われて準備を始めましたが、社内のラボで自由に触れたことが非常に大きな力に!!実機を視覚的、操作として覚えていると、理解がダンチです。
vSphereまわりを多く聞かれ、教科書も役に立ちました!!30代2012年合格
以前からESXの運用をしていましたが、実際のテストはかなり難しかったと記憶しています。事前学習ラボでも、全体の流れを満遍なくおえないとトレーナーから、厳しいかも、という声が上がったりしますが、後半の追い込みで何とか合格!!やはり基本はテキストに書いてありますから、読み込んで理解することです。

スポンサードリンク

vmwareの概要

難易度 難しい
合格率 未解答%
年収 650万円
勉強時間 100時間
試験日 任意による

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧