資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 不動産コンサルティングマスターの仕事内容

不動産コンサルティングマスターの仕事内容を詳しく解説!

不動産コンサルティングマスターの仕事内容

新生活をする上で欠かせない物件探しに引越し。
土地勘の無い環境に入居者間トラブル。
新生活にはさまざまな不安が付きまといますよね。
そこで不動産コンサルティングマスターの出番です。
不動産コンサルティングマスターは、簡単に言えば不動産のプロですね。
お客さんに物件情報を紹介するのが仕事ですが、それだけにとどまらず、個人的な観点からの地域情報の提供や依頼者の物件探しや入居後の悩みや不安を解決に導いたり将来の人生設計のお手伝いまでするのが不動産コンサルティングマスターの仕事内容です。
個人的な観点からの地域情報というのは、たとえば自分が美味しい定食屋に精通していて、相手が一人暮らしである場合などに「この物件の近くにはこういうお店があって美味しいですよ」など、紹介している物件の近くにある定食屋を紹介したりすることです。
こういう「ちなみに」という情報をきけると、お客さんとしてはうれしいですよね。
また、将来の人生設計のお手伝いとありますが、これはどういうことでしょうか。
人生というのは衣食住に左右されます。
そのうちの住を担っているのが不動産ですよね。
だから不動産と人生設計は無関係でなく、住居だけでなく、その家でどう過ごすか。
どのような目標を持ち、どのように生きるかの相談まで応じるのです。
そこまで出来て一人前の不動産コンサルティングマスターと呼べるわけですね。
不動産コンサルティングマスターの資格を徹底解説

スポンサードリンク