資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 医療系資格 > 精神保健福祉士の資格の勉強方法・試験合格率を徹底解説

精神保健福祉士の資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

精神保健福祉士の資格とは?

福祉系3大国家資格の一つで、1997年に創設された精神保険福祉領域のソーシャルワーカーの資格所有者です。
法改正により、精神障害者の社会性、自立性をさぽーとする自立支援を目的としています。
精神医療学会では、古くから医療機関のチームの中で活動しており、歴史は大変長い職業です。
社会参加への支援活動の他に、生活問題や社会問題解決のための援助、人間らしいライフスタイルの確立をサポートします。

精神保健福祉士の資格取得方法

資格の所得方法には、複数のルートがあります。
福祉系大学などの4年制では指定科目履修誤、卒業すると直ぐに精神保健福祉士の国家試験受験資格が得られます。
福祉系短大3年制の場合は、指定科目履修後に相談援助実務最低1年を経験し、受験資格を得られ、2年制では実務は2年以上です。
基礎科目しか無い4年制福祉系大学では、基礎科目修了後に実務1年の他、短期養成施設などで6ヶ月以上の経験後に受験資格となります。
短大に関しては、2年制、3年制それぞれで基礎科目修了後に、それぞれ2年と1年間の実務後に、大学と同じ短期養成施設での同程度の経験を要してから、受験資格となりますね。
一般大学からの受験は、一般養成施設などで、最低限1年間の経験後で受験でき、他の一般短大、履修年数に応じて、1年、2年、4年の実務経験が、一般養成施設(1年以上)に至るまでには必要となります。
いずれにせよ、資格所得方法は、短大以上の卒業が前提となります。

精神保健福祉士の資格試験はどのようなもの?

国家試験の出題は、精神疾患とその治療についてと、成因保険の課題と支援に関する問題、精神保険福祉相談所援助の基盤についての知識や、サービスやシステムについての出題があります。
5択式の選択問題が多く、国際生活機能分類(ICF)の基本的考え方と概要に関する設問など、専門性の高い設問や、糖尿病に関する設問など17項目、生活習慣病に関する知識も必要となる、医療、福祉の多岐にわたる問題が多いです。
資格を得られる試験内容としては、選択式なのでそれほど難しく感じませんが、必要な専門知識があっての上ですので、大学卒業後医療機関に従事し、52歳でようやく合格できたなどの例があります。
ベヴァリッジ報告で想定されていないものを1つ選べなど、難易度としてはかなり高いです。
合格率は、大学を基準とした履修が前提であり、専門学校も入学には基準を設けている事があります。
また救貧制度に関する、福祉の歴史についても高い教養が必要となります。
総得点163点に対し、得点72点以上正解率60%以上が合格基準です。
基本的には、16科目群全てにおいて必要得点が得られた場合に合格できると判断してよいでしょう。

スポンサードリンク

精神保健福祉士の価格(取得費用)を解説!

精神保健福祉士のみを受験する場合は、受験手数料1万3,250円です。
福祉系大学の学費平均は35万~40万前後です。
専門学校は、卒業単位62ぐらいで60万~70万円前後となります。
その他に、テキスト代、参考書、教科書代で5万~7万程はかかります。

資格に受かるための勉強方法

学校での指定科目受講の単位修得の予習、復習の他に、1日過去の試験問題3問をクリアするなど受験対策をしている人が多いです。
多くの口コミでも、まず過去設問を数多く解いておくべきだろうと答えています。
教科書の要点を覚えておく方法と、参考書の不得意であまり覚えられない分野を、まとめておきながら、パソコンで文書としてインプットしたり、試験問題5年分を所得して問題を解いては解説を読むなど工夫が必要です。
暗記というよりも、概要を理解していく方法の方が効率が良いようです。
一発合格の体験者は、毎日8時間の勉強を続けて、図書館や気分転換を交えて、喫茶店にパソコンを持ち込んで勉強を続けている方が多いです。

合格者の声

40代 平成25年合格
精神的に勉強のモチベーションを上げるのが、一番苦労します。
特に自宅での勉強はだらけてしまうので、時間ではなく環境を変えて、時には外出先で勉強するのもよいでしょう。
参考書と過去問題を必ず1冊づつペアで購入し、内容を自分で理解できるものを購入した方が懸命です。
スケジュール的に、何月までは専門科目の教科書、次の月からは共通の福祉全般の教科書へ以降するなど、ある程度計画性も必要です。
その場合でも、過去問と合わせて、整合率が上がったら次へ行くといった感じでしょうね。

スポンサードリンク

精神保健福祉士の概要

難易度 普通
合格率 60%
年収 500万円
勉強時間 720~1,300時間
試験日 1月24日※複数あり

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧