資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 医療系資格 > 社会福祉士の資格について詳しく解説!

社会福祉士の資格(免許)の取得方法、難易度、勉強時間を詳しく解説!

社会福祉士とは?

社会福祉士とは、身体上や精神上に何らかの問題があり、日常生活を送るのに支障のある者に対して、助言、指導、福祉サービスなどを提供する医療者側と患者側の橋渡しをし、患者の相談にのる職業を言います。
いわゆる医療の現場におけるソーシャルワーカーと呼ばれる職種に該当し、院内はもちろん、地域包括センターといった後期高齢者医療制度に根ざした、要介護認定者など主に地域密着活動をしています。
現在では学校におけるスクールソーシャルワーカーや保護監察官などの現場においても重要性が認知されています。

社会福祉士の資格取得方法は?

社会福祉士の資格を取得するためには、まず、3つの条件のうちどれかに該当する必要があります。
一つは福祉系の4年制大学で指定のカリキュラム、課程を修了したもの、二つ目は社会福祉士指定養成施設の卒業者、そして三つめは福祉事務所の査察指導員等で5年以上の実務経験があるものとなります。
これらのいずれかを満たすと、社会福祉士国家試験への受験資格が得られます。
国家試験は厚生労働省によって認定された財団法人社会福祉・振興試験センターが年1回開催しており、これに合格すると、晴れて資格取得となります。

社会福祉士の資格試験はどんなもの?

社会福祉士の試験範囲は、
・人体の構造と機能および疾病
・心理学理論と心理的支援
・社会理論と社会システム
・現代社会と福祉
・地域福祉の理論と方法
・福祉行財政と福祉計画
・社会保障
・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
・低所得者に対する支援と生活保護制度
・保健医療サービス
・権利擁護と成年後見制度
・社会調査の基礎
・相談援助の基盤と専門職
・相談援助の理論と方法
・福祉サービスの組織と経営
・高齢者に対する支援と介護保険制度
・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
・就労支援サービス
・更生保護制度

上記の計18科目と実に広範囲にわたっており、その勉強は困難を極めます。
合格基準は、全体の60%と決められており、かつそれぞれの教科で0点を出していないことが条件となるなど、一見簡単そうですが、試験の合格率は30%と低い傾向があり、かなり難易度が高い部類に入ります。
福祉系の最高資格がこの社会福祉士であることや、医師や看護師などの医療従事経験のある者が受験することもあり、からもその難易度は高騰しています。

スポンサードリンク

社会福祉士の資格試験の概要

とにかく範囲が膨大なため、受験すると決めたらすぐにでも取り掛かるべきでしょう。
合格率はやはり、医療経験者が正答率を引き上げているため、30%でも比較的高めといえます。
資格をがんばって取得し、MSWとして活躍するものの、始めのうちはなかなか丘陵が上がらないのも現状です。
役職についたり、他の資格とのダブルライセンスで自分なりのキャリアを形成していく必要があるでしょう。

社会福祉士資格を取得する費用は?

社会福祉士の受験費用自体は、7540円と非常にリーズナブルな値段となっています。
しかし、実際に勉強を始めてみると、18科目をはじめとする膨大な試験範囲に頭を抱えることとなります。
少なからずニガテなことも出てきますので、随時教科書や参考書、社会福祉士国家試験の過去問など、あわせると5万以上かかる人も珍しくありません。
勉強期間が長いのも特徴ですから、その分ランニングコストは着実に増えていくと考えるべきでしょう。

社会福祉士資格に受かるための勉強法

社会福祉士の試験は、なんといっても学科の範囲の広さがネックとなります。
決して難しいわけではありませんが、とにかく覚えることが多く、一夜漬けなどではとてもできません。
参考書や問題集をもとに、過去5年分の問題をしっかりと覚えて解けるようにしたりすることは重要です。
自分のニガテな分野は特に重点的に学習しましょう。

合格者の声

30代2008年合格
かなり前ですが、身になる資格を取ろうと一念発起し、独学で勉強して取得しました。
当時はまだあまり有名でなかったこともあり、過去門や対策講座が一切見受けられなかったため、自分でなんとかするしかなかったのを覚えています。
とにかく過去門をとき、インターネット上の数少ない情報を集め、四苦八苦して半年で取得できました。
個人的に、ニガテな分野を平均的なレベルにまで上げることが大切といえます。20代2011年合格
地域包括センターで働いており、現場での実態もある程度分かった上で社会福祉士を取得しました。
実務の一環として制度はいつも利用するため、割とすんなり学習できましたが、初心者の方にはきついかもしれません。
ある程度こういうもんだ、という未知のものに対する割り切り画で着る人は非常に強いと思います。

スポンサードリンク

社会福祉士の概要

難易度 難しい
合格率 30%
年収 400万円
勉強時間 800時間
試験日 1月第4日曜日

関連資格

資格一覧

仕事内容一覧