資格免許.jpのお勧め資格ランキング

  • コーチング
    コーチング
    40代や50代、60代の人に人気の資格。自分の経験を活かして企業コンサルをしたりします。
  • アンドロイドアプリ開発
    アンドロイドアプリ開発
    アプリ開発言語はここ最近の主流です。覚えれば一攫千金も狙える資格
  • mos
    mos
    マイクロソフトの資格。ワード、エクセル、パワーポイントなどの資格です。持っていれば就職にも有利
  • 日商簿記
    日商簿記1.2.3級
    経理、財務などの企業の利益率計算をする資格。就職に有利な資格でもあります。1級クラスになると会計士が持つという難関でもあります。

儲かる資格ランキング

  • 行政書士の資格
    行政書士
    がんばれば半年で取得可能。起業や遺産相続や養子縁組などの民法に特化した資格。
  • お気に入り物件リスト
    社労士
    労務コンサルといえばこの資格。労使関係の紛争代理や申請、相談など労務コンサルをする資格。
  • 最近見た物件リスト
    税理士
    財務や所得申告、税金の処理にかかわる仕事。大変だが持っていれば独立開業も可能です。

需要の高い資格ランキング

  • 法人窓口ご希望の方へ
    介護福祉士
    今最も人材が少ない資格です。社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格
  • お気に入り物件リスト
    社会福祉士
    介護系の仕事は需要があります。特にソーシャルワーカーとなれば年収もUP
  • 最近見た物件リスト
    保育士
    保育士の年収の平均は、315万円。公立保育士をめざすのが吉
資格免許.jp > 労働衛生コンサルタントの仕事内容

労働衛生コンサルタントの仕事内容を詳しく解説!

労働衛生コンサルタントの仕事内容

ブラック企業という言葉がここ数年でものすごく話題になっていますよね。
残業手当を出さないだとか、有給をちょろまかすだとか、給料の天引きとか、労働環境が悪い会社が目だってきました。
そこで労働衛生コンサルタントが現地に赴いたり当事者の相談に乗ったりして労働環境の適正化を図ります。

労働衛生コンサルタントの仕事内容は、労働衛生診断やそれに基づいて労働環境を改善する計画を練ること、労働衛生に関する教育を施すこと、労働衛生に関する講演を開くことが主です。
労働衛生診断というのは、あらゆる項目が用意されていて、その項目をチェックすることによってその職場の労働環境が良いか悪いかを判断する仕事です。

スポンサードリンク

そうやって判断した内容や、チェックが付いた内容から今後どうすれば労働環境が良くなるかどうかの計画を作成します。
そうやってできた計画を企業に渡して「きっちりと労働環境を改善するように」と教育をするんですね。

それは企業に対しての教育であったり、労働環境の判断基準などがよくわからない個人に労働環境について教える教育であったりさまざまですが、ほとんどが前者です。
また、企業や高校・大学などに赴いて労働衛生に関しての講演会を開くことも大切な仕事。
講演活動を通じて、個人個人が労働衛生に関する正しい認識を持って仕事にのぞむことができるようにするのです。

労働衛生コンサルタントとは、ブラック企業から人々を守る仕事とも言えますね。
労働衛生コンサルタントの資格を徹底解説

スポンサードリンク